今は企業を再編成する時代|安心してできる投資は「みんなで大家さん」がおすすめ

今は企業を再編成する時代

握手

後継者がいない企業の対策

日本では100年以上続いている企業が2万5千社以上もあります。これらの企業が今後も事業を拡大しながら続けていくのは難しい状況です。その理由の1つは後継者がいないということです。もう1つは市場の成長基盤が崩れたからです。これらの理由で企業買収による再編と合併が増大しています。後継者がいない場合は従業員のためにも有利な企業買収を受け入れる必要があります。企業買収で大事なことは、経営状態が優良であるという点です。経営状態が悪い企業を買収したら、本体の事業も悪化する可能性があるからです。日本の企業の資産はほとんどが不動産です。有利な企業買収を進めるためには、不動産を有効利用していることも大事です。買収する企業にとって利益を生み出す不動産は魅力的な資産になるからです。

保有不動産を有効活用する

企業が生き残るためにはM&Aが必要です。M&Aとは合併と買収のことで、業界再編成が進むこれからの時代には上手な合併と企業買収を行った企業が発展します。企業買収で大事なことは優良企業をターゲットにすることですが、負債を抱えている企業を買収する場合には負債の整理をさせることがポイントです。例えば10億円の負債がある企業なら負債整理をさせ、その結果許容範囲まで負債が減らせれば買収できます。その際に負債の内容を精査することが大事ですが、不動産の有効活用ができるかどうかも判断材料になります。例えば広い敷地を保有している場合、企業買収して新しい企業をその敷地に建設するといった方法も考えられます。負債があっても買収する価値があれば、積極的に進めるべきです。